So-net無料ブログ作成
検索選択

あさっての方向 全12話 [アニメ]

あさっての方向 全12話

もう10ヶ月くらい前に終わっているのに、いまごろまとめてみてるわたしって、なんでしょうねぇ。
って、それはともかく。

とにかく、絵的にくずれていないのがすごいなぁ、と。 背景も結構しっかり書いてるし、なによりも、からだちゃんや椒子のかわいさがしっかり描けているのがえらいなぁ、と。

ハナシの内容そのものは、よくありがちなひと夏のファンタジー、のたぐいなのだけど、ヘンにコメディに振ったりしていないところが好感が持てる。 ドタバタコメディにしてしまえば、萌えアニメとしてはラクなんですけどね。

テーマとしては、「すれちがい」、タイトルそのままの、あさっての方向、なのだけど、すれ違っている描写とかそういうところはしっかり描けていると思うんだけど、やっぱり、最後にまとめる方向性だけが、ある意味ご都合主義というか、ちょっと無理矢理っぽいところが気になる。
特に、テツがからだを認めるところとか、ありきたりなおとぎ話で済ませてしまうのは、どうなのかなぁ、と。

まあ、ご都合主義をうんぬんしてしまうと、大人とコドモが入れ替わる、と言うこと自体問題になっちゃうのであまり触れるべきではないんだけど、家出少女がたまたま知り合いの知り合いのところに拾われる、という展開は、かなりぎりぎりの線をいってると思う。

ともあれ、放り出さずに最後まで見れたのは、やはり、最後どう始末するのか? というところで、みなくちゃいけないな、という気にさせたところが大なり、と思う。 最後の最後、まで、これって本当に元に戻ってハッピーエンドになるんだろうか? もしかしたら、戻らずにそのまま? という引きがちゃんとできていたからだろう。
そこらへんは十分に描写されていたからOKだろう。

ただ、3人のすれちがいと和解、をもう一歩踏み込んで描ききることができたら、かなりのイイ作品になっただろうとは思うのだが、それは過大な期待だったのだろうか? 

なかなか良質な作品ではあるが、昨今の雑多なアニメの洪水のなかでは、いつのまにか埋もれてしまうことになる作品のひとつなのだろう。 
そうはならないよう、ときどき思い出してあげてもいいんじゃないだろうか。

 

あさっての方向。 2

あさっての方向。 2

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2007/02/23
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。